ゼロキャロにデメリットは存在するの?

ゼロキャロにデメリットは存在するの? 未分類

「手軽にカロリー調整ができる」
「飲むだけなので簡単に続けることができる」

という意見が多いことで同じみのゼロキャロ。

ダイエットサプリながら、カロリーの抑制やデトックス効果があることで人気なんですよ!
そんなゼロキャロでダイエットに成功した人が続出し、メリットも多く存在していることが分かりました。

ですがふとゼロキャロには、デメリットは存在するのだろうか・・・?って思ったんです。

デメリットが存在しているのなら、知っておきたいですよね!
ということで、ゼロキャロのデメリットはどういう物があるのか自分なりに調べて記事にまとめます。

デメリット①毎日飲まないといけない

ゼロキャロには、デメリットがまずあるのかを調べてみることにしました!

レビューやブログ、体験談などをみて思ったのはゼロキャロにはデメリットが3つ存在していると思ったんですよね。
デメリットの1つ目としては、【毎日飲まないといけない】という部分があります。

確かにゼロキャロには、カロリーの抑制や炭水化物の吸収抑制など嬉しい効果があります。
ですが、これは毎日続けないと成分の効果を実感しにくいってことなんですよ。

ゼロキャロは薬ではないので、毎日続けないと効果が徐々に実感できるものではありません。
チョコレートなどの甘いものを1日だけ摂取したからと言って体重が急激に増えるわけはないですよね。

ゼロキャロの成分の効果もそうで、毎日飲むことで徐々に効果が実感しやすくなります。

毎日飲まないといけないと言うデメリットですが、毎日飲む時間が決まっていないのでその点は続けやすいのではないでしょうか(^o^)
飲み忘れ防止には毎日同じタイミングで飲めのが良いですが、絶対にその時間に飲まないといけないとは決まっていない分安心して続けてください。

大体3ヶ月を目安に毎日ゼロキャロを飲むことで、効果を実感出来ている人がほとんどのなようです。
なので、ゼロキャロ3ヶ月毎日飲んでみましょう。

デメリット②食べすぎてはいけない

食べすぎ

ゼロキャロのデメリット2つ目は、食べすぎてしまうと意味がないと言うことなんです。

確かにゼロキャロには、カロリーの調整や炭水化物の吸収を抑制できる効果があります。
ですが、だからといって好きなものを食べすぎていいと言うものではありません。

ダイエットなのですから、食べすぎてはいけないのは重々承知ですよね。
ゼロキャロを飲んでいるからと安心せず、バランスよく食べすぎには注意しなければいけません。

もしもその日食べ過ぎたと思ったのならば、次の日のご飯の量を減らすなどして量を調節してください。

ゼロキャロでダイエット効果が実感出来なかったレビューも確かにありました。
ですがそういう人は、好きなものや甘いものを食べて痩せなかったと自己責任の部分で怒っていました。

あくまでもゼロキャロは、サポートサプリメントという部分は忘れてはいけません。
食べ過ぎをしてはいけないというデメリットはありますが、この部分は自分で注意すれば大丈夫ですね。

デメリット③運動をする必要がある

そしてデメリット③は、運動をする必要があるということなんです。

ダイエットサプリメントを飲んでいるほとんどの人は、運動はしなくていいと思っている人もいます。

確かにダイエットサプリメントというのは、ダイエットをサポートする上で嬉しい効果をもたらします。
抑制や脂肪燃焼などの手助けをするのです。

だからといって、ゼロキャロだけでダイエットが成功するのかはする可能性もあるのはあります。
ですが、可能性が低い場合もあるということです。

自分なりに食事量をきめて、運動も行っているひとがゼロキャロを飲んでダイエット効果が上がったというのは納得できますよね。

勉強でもそうですが、100点を取れる子のノートを持っているからと言って100点が取れるのかと言うと・・・
結局自分の努力しないといけない部分もありますよね。

ゼロキャロもそうで、運動も取り入れることでダイエット効果がアップすると言うことなんです。
つまり運動をしないといけないわけではないですが、効率アップには必要だということ。

ゼロキャロを飲むだけでダイエットできると期待していた人からすると悲しい部分かもしれませんね・・・。

まとめ

ゼロキャロのデメリットはあるのか、はたまたそれはどういうも物なのかについて記事にまとめました。

私的には3つのデメリットを見つけ、紹介しましたが・・・
自分なりに気をつければ解決できる部分が多いように感じました。

毎日飲むことは自己責任ですし、暴飲暴食も自己責任、それに運動をすべきなのもキレイに痩せるには必要ですね。

デメリットを理解することで、ゼロキャロでのダイエットも失敗しにくくなるのではないでしょうか(^o^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました